猫とポンコツ

究極の内向型。めんどくさがりでポンコツだけど前向きに日々のモヤモヤをダラダラ書いていきます

風邪引いたけど葛根湯の即効性しゅごい

2日前に風邪を引きました。

20代の頃は滅多に風邪なんか引かなかったのに、この頃歳のせいか、しょっちゅう風邪を引くことが多くなった私。

 

あ、なんか喉痛いかも…と思ったのも束の間、瞬く間に悪寒と頭痛とだるさが襲ってきました。

すぐさま仕事を切り上げて夜間でもやっている病院へ。

たいした診察もしてくれず「風邪の引き始めだと思うから、葛根湯出しておきますねー」って、絶対私より年下だろって感じの若い医者から軽く言われ。

いや、結構しんどいのに漢方とかやめろや、すぐ効く西洋医学の薬を出してくれやと。不満たっぷりで病院を後にしたわけです。

 

別に漢方薬を信じていないわけではないですが、あんまり即効性があるイメージなかったんですよね。次の日も大事な会議があるのに、じわじわと治している場合じゃないんですよ。

しかも葛根湯とか、よく聞くけど気休めの栄養ドリンクみたいなもんでしょ。

そんなこんな無知の私は考えていたわけです。

 

でも、どんどん熱は上がるしだるさは増してくるしで、藁をも掴む思いでとりあえず葛根湯を飲みました。

 

ていうか、熱で辛すぎるとあれだね、無駄に意味わかんない独り言と暴言を呟くよね。

しかもしんどすぎて、森山直太朗の「生きてることが辛いなら」を気づくと口ずさんでいる始末。

こんな歌(いや、めっちゃいい歌ですけど)歌ったこと一度もないのに、どこの記憶の回路が呼び起こされたのか。熱ってすごい。

 

薬を飲んでほんとはちゃんと安静にしなきゃいけないんだけど、どうしても「花のち晴れ」のドラマが見たい私。

頭ん中森山直太朗で命の尊さを感じつつも、横になりたい体にムチを打って、花晴れの音と晴の行く末を見守ることに。

するとなんかすごいどんどん汗をかき始めまして。熱も38度まで上がりまして。

 

暑い、辛い、やばい、花晴れ切ない、森山直太朗が離れない…

複雑な感情を抱きながら、身体の限界を感じ眠りにつきました。

 

そして、翌朝。

寝汗ぐっしょり。

でも、あれ体が楽になっている…!!

熱を測ると36度5分。

喉も痛くない!

 

普段は風邪引いても回復までに2日はかかるのに、なんと一晩で治ってしまいました!

 

葛根湯しゅごい。

 

 

調べてみると、風邪の引き始め(悪寒や熱が上がってきたくらいのタイミング)すぐに飲むと、葛根湯パワーで体温を上げて菌とかウィルスを退治する身体の免疫反応が働き、撃退したら、発汗させることで体温を下げて治してくれるのだとか(専門的なことわからないんで、ちょっと違っていたらごめんなさい)。

引き始めがポイントで、逆に、風邪が進行してからでは意味がないらしいです。

無理に熱を下げたりする薬を飲んでも、根本的に風邪を治してくれるわけではないので、本来の身体の抵抗力を発揮させる役割を、葛根湯さまは担ってくれるわけですね。

すばらしき漢方!すばらしき東洋医学

これからも風邪引いたときは葛根湯さまのお世話になります。

 

ということで、まだ多少鼻水が出るけど、今日も元気に仕事に行くことができました。

森山直太朗の歌も頭の中から消え去ってくれました。

 

生きてくことが辛いなら、嫌になるまで生きるがいい(歌詞より)

いい曲なので、YouTubeのURL貼っときますね(結構ハマっている)。

 

多少の風邪にこれからも負けずに、しぶとく生きて頑張ります。