猫とポンコツ

めんどくさがりでポンコツだけど前向きに日々のモヤモヤをダラダラ書いていきます

女のモヤモヤ。理解できない友だちとの付き合い方

30過ぎの妙齢になると、女友だちとの付き合い方が難しい。

嫌いになったわけではないし、仲が悪くなってるわけでもないし、むしろ大好きなんだけど、会話を重ねるたびにモヤモヤしたものが覆いかぶさってくる。

つまり30も過ぎるとそれぞれの生き方が確立されてくるから、理解したいんだけど、理解できないことが増えてくるんだよね。

仕事をバリバリしてる子もいれば、結婚している子もいて、育児に奮闘してる子もいれば、まだまだ現役で遊びに精を出してる子もいる。

生き方がどんどん枝分かれして、交わる共通項が少なくなってくるから、会話をしていても、懐かしい思い出話とか、最近見たドラマとか、好きな俳優とか、そんな唯一交われる徒然なるものばかり。

本当はお互い話したいこととか、聞いて欲しいこととか、たくさんたくさんあるはずなのに、なんだか気を使ってしまう。

 

たまに自分の悩みとか思い切って話しても、返ってくる言葉が期待外れというか、そういうことじゃないんだよなーみたいなモヤモヤが多い。

例えば転職の話をしても、「早く辞めなよ、そんな激務の会社。もっとプライベートも充実させるべき」とかね。

いや、たしかに仕事大変だけど、疲れてるから辞めたいんじゃなくて、仕事に対して真剣に向き合っているし、自分なりにキャリアとか人生を考えてるんだよ!と。

だから表面的に返されるとそれ以上何も話せなくなってしまう。

でも、自分だって彼氏と別れるか迷っている友だちの悩みに対して、「そんな男早く別れなよ、時間がもったいないよ」みたいな返しをしちゃってるんだよなー。

その子にとってみたら、本気で彼氏のこと好きで将来のこととか真剣に悩んでいるのかもしれないのに。

そんな不協和音みたいな心地の悪さが、最近誰と会って会話しても感じてしまうのです。

 

いつからこうなってしまったんだろうなー。

純粋にキャッキャ騒いでた頃が懐かしい。

 

理解しきれない部分が大きすぎる。いや、もしかしたらただ自分が理解しようとしていないのかもしれない。むしろ自分のことを理解して欲しい思いが強すぎるのではないか。

 

私の悪いところは、理解してもらえないとわかると、すぐ諦めて黙ってしまうところ。そしてさりげなく距離を置いてしまうところ。

その先になんの解決もないのに、それが解決の道だと思い込んでしまっている。

そうやって何人の友だちと疎遠になってしまったのだろうか。

 

わかってちゃん、かまってちゃんからちゃんと卒業して大人にならなければ。

理解できないなりに理解しようとして、もっと歩み寄っていかなければ。

自分の大事な人たちを自分のせいで、嫌な思いをさせないように。

たとえ今は自分と違う生き方だと思っていても、もしかしたらこれから自分が通る道かもしれない。

だから人生の先輩の1人としてもっと相手を尊敬して付き合っていきたいものです。

 

なんか闇深い。闇深いぞ自分。とりあえず猫貼っておく。あー可愛い。

f:id:myks123:20170725000630j:image